TITLE: トリビュート

画像1

このアルバム、覚えてますか? そう、あの悲劇としか言いようのない飛行機事故で他界した Randy Rhoads のトリビュート・アルバムです。 なぜこんなアルバムを急に持ち出したのか?というと・・・ そこにあったから。
などというのはもちろん冗談です (笑)

近年、トリビュート・アルバムという言葉をとてもよく耳にします。 死んでもないのにトリビュート? ええ、それも結構。 でもね、 『 トリビュート 』 の意味をもう一度よく考えてみませんか?

そもそも 『 トリビュート 』 とは、 『 (称賛・尊敬のしるしとしての) 賛辞・捧げ物・贈り物 』 という意味合いなんです。 言葉のイメージとしては、他界したミュージシャンや解散したバンドが対象となってしかるべき!という印象が強いのですが、実際はトリビュートの対象となるミュージシャンが存在していても、なんら間違いではないのです。

なぜ急にこんなことを言い出したのかというと、昨今のブームに乗って販売されたトリビュート・アルバムの大半が 『 粗製濫造 』 といいたくなるものばかりだと思ったからなんです。 ちょっと穿った見方をすれば、売名行為・小遣い稼ぎ、などと言われてしまうような作品だって数多く販売されています。 それがね、ちょっとヤだなぁ〜って思ったんです。
こんな小さなサイトの、こんな片隅のページにこんなことを書いても仕方がないのかもしれませんが、それでもこれを読んで、何かを感じてくれる人がいたらいいなぁと思って書きました。

ちなみに、 『 これは正真正銘のトリビュート・アルバムです! 』 そう言いたくて、このアルバムを取り上げた次第です。 参加されたミュージシャンたちもさることながら、これを聴いたファンの方々もみな、 Randy Rhoads を心より尊敬・称賛されていることを信じています♪
う〜ん、ジャケットの笑顔がタマランワ (*^m^*)
by Kumi
2005/01/05(Wed) 04:09 (No.00007)